インド最高裁が仮想通貨取引容認

☆ニュース

取引所再開で仮想通貨市場への投資増加に期待高まる

インドの最高裁判所は2018年より中央銀行によって禁止していた仮想通貨の取引を容認したと海外メディアが報道。

これによりインドで仮想通貨取引所がサービスを再開可能になった。

インドでは2018年から中央銀行のインド準備銀行(RBI)によって仮想通貨取引が禁止。

投資者保護の観点やマネーロンダリング利用などが理由だ。

以来インドでは取引所は閉鎖や休止などが相次いでいった。

しかし、2020年3月4日インドの最高裁判所は「RBIが個人の投資を規制する権限はなく違憲だ」としてこの禁止令を解除させた。

これにより仮想通貨への投資が再び可能になり、仮想通貨市場への投資増加が予想される。

インド最高裁が暗号資産(仮想通貨)取引容認|取引所再開で暗号資産(仮想通貨)市場への投資増加に期待高まる
【暗号資産(仮想通貨)市場に「インドマネー」流入なるか】 インドの最高裁は今月4日、中央銀行であるRBIの暗号資産(仮想通貨)取引禁止命令を違憲として解除させた。 インドでは2年にわたって暗号資産(仮想通貨)取引が禁止されていたが、解除されたことで暗号資産(仮想通貨)市場への投資増加に期待できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました